このエロ漫画ネタバレ

主人公・由菜は、返事こそしてないものの、一ヶ月前に告白してくれた広瀬くんと付き合っているも同然の関係。しかし…「ほっかい、どぉ?」広瀬くんは父の転勤で引っ越すことになってしまいます(´・ω・`)広瀬くんは…「いっしょに宿題やんない?」勇気を出して、由菜を家に呼びました!いいぞ、広瀬くん(ノ´∀`*)広瀬くんの部屋で、唇を重ねるだけのキス。清らかなお付き合い(*´ω`*)広瀬くんは初チューに照れまくりますwしかし…

(わたしは、少し前──まで、年上の、好きなひとがいて、そのひとと)じゅ…ンぶるるっ…「……!」そのときのことを思い出すだけで、由菜の小さなカラダに快感が走ります。(ダメ…忘れなくちゃ)

そこに現れた広瀬くんのお兄ちゃん。広瀬くんが習い事をサボったので、習い事の先生から電話がかかってきており、広瀬くんを呼びにきたのでした!慌てて部屋を出ていく広瀬くん。広瀬くんのお兄ちゃんは…「……あ───────、あん時の?え、マジ?へえ────」なんと、広瀬くんのお兄ちゃんは、少し前に好きだった年上のひとでした!Σ(°Д°;)

広瀬くんは習い事の先生に呼び出され、直接謝りにいったので1時間くらい戻らないだろうという広瀬くんのお兄ちゃん。広瀬くんのお兄ちゃんは、涙目の由菜にチ●ポを咥えさせ…「また会えて───ぅれっし──っよっ♪」ぢゅぷぢゅっぷっぢゅぷぢゅぷ

広瀬くんのお兄ちゃんは、由菜の小さな口にチンポを激しくねじ込みます!「んんん、んーっ、んっん、んっ」そして、そのまま…ビューッビュルッビューッビュ…ルーッ

広瀬くんとキスしたばかりの由菜の口に、たっぷりと精液を流し込むのでした(ノ´∀`*)もちろん、これだけで終わるわけもなく、広瀬くんのお兄ちゃんの部屋に連れていかれます。由菜は広瀬くんのお兄ちゃんの部屋のベッドに押し倒され…「はーい、由菜ちゃんホカク──♪」

広瀬くんと清らかなお付き合いをしていたはずの由菜は、少し前に好きだった広瀬くんのお兄ちゃんに捕まり、何度も何度も何度も何度も中出しされるセックスが始まるのでした(*´ω`*)

「あーすげ…やっぱ感じやすいねー。かわいー」広瀬くんのお兄ちゃんの部屋に連れていかれた由菜。広瀬くんのお兄ちゃんに幼いアソコを弄られまくります(ノ´∀`*)「や、あ」

幼いながらに卑猥な音を立て、ビクビク震えながら声を漏らす由菜(*´ω`*)「あん時はオレ挿れらんなくてすげーくやしくてさー。あ──うれしー♪」広瀬くんのお兄ちゃんのチンポが、由菜の小さなアソコに触れ…「ひ、ひぁ…ま、まっ…て、ダメ…」ぬち…っ

押し広げながら入っていきます(*´ω`*)「ンッ、~~。あ、あ…やぁ、…あ、あー」涙目になりながら、広瀬くんのチ●ポを受け入れていく由菜。「いっぱい突きまくって、根元まではいるよーにしたげるね」ぱんぱんぱんぱんぱん

後ろから突かれまくる由菜(*´ω`*)ぐっ「ひんっ…♪…っ、ん、あ、あ、あっ、んっ、くんっ、あ、あっ」突かれるたびに幼い声を上げる由菜。コッコッコッコッ由菜の浅い、一番奥に当たります(ノ´∀`*)「…~~ッッ、~~~…」

声にならない声。そこに…「ねー兄ちゃーん、由菜ちゃん帰っちゃったの──?」部屋の外から広瀬くんの声!Σ(°Д°;)しかし、広瀬くんのお兄ちゃんの腰は止まらず…「あ──、おまえおっせーから帰るってぇー」由菜は帰ったことにされ…「ッ…、ン…ッ、~~ッ」

広瀬くんにバレないよう、由菜は泣きながら声を抑えます(*´ω`*)グググリュリュ「もぉ、やめっ…て…っ、おねっがいぃ…、あ、はっ、あ、あ、や、や、や、や、や、~~ッ」

小声でお願いするも、声は届かず止まらない広瀬くんのお兄ちゃん!(かきまぜ、られ、ちゃう)ぶるるっぶるっ(だめ…なのに…)感じすぎて意識が朦朧とする由菜。しかし、その間も由菜の子どもマンコは大人チンポに突かれ続けます(*´ω`*)

「何回イッた?すっげー…ずっと膣内、ひくつきっぱなし…やっばいね」イきすぎて完全にトロけ顔の由菜。(あのひとと、ちがう、おち○ちんに、何度も…)そして…「奥にっビュービュー出してっあげんねっ」

中出し宣言!Σ(°Д°;)由菜は…「らめえ…っ、あかひゃっ、できっ、ひゃうっ。あったし、もぉ、せっ、せーりっ、あのときとはっ」突かれながらも泣きながら懇願します(ノ´∀`*)「だからあっ、おねひゃいっ、あっ、おねっ…」しかし…「…じゃあ──なおさらナカでしょお」ぐんっ

広瀬くんのお兄ちゃんはチ●ポ奥に押し込みます!「!?やっやあ、あ♪あっ、あ♪だっめぇえ」ドククッ「やあっ…や…ッ…~~っ」由菜の涙のお願いむなしく…ビュルルルッビューッコプコプッナカにたっぷりと出されてしまうのでした(ノ´∀`*)

「や…あ…あ…っ、あ…や…」(おなか…熱い…)ひくつきながらも由菜は…「ひゃ…も…か…えるう…う…」帰るというのですが…「まだダーメぇ…。ホラまたおっきくなっちった…」

まだ帰してもらえず、また挿れられ…「ひぁ、あ…あ…やぁぁ…あ──」(…ヘンに、なっちゃう、よぉ…)「せーえき透明になるまでぜ───んぶ、由菜ちゃんのトロトロんなかに出したげるね」(きもちよくて、ヘンになる…)セックスはまだまだ続くのでした…。