このエロ漫画ネタバレ

弱気な営業で失敗続きの梅田。上司のキャリアウーマンの桜沢さんには、勇気付けられてばかり。しかし、ある飲み会で桜沢さんが泥酔したところを、帰り道が同じという理由で草食系の梅田が帰り道を送ることに。

憧れと尊敬の念を持っていた桜沢さんを、少しだけならと胸を揉み始め・・・会社の飲み会帰り、酔いつぶれてしまった美人上司の桜沢さん。(桜沢さんがここまで 潰れるの初めて見た・・・)いつも失敗ばかりで弱気な自分を勇気付けてくれる桜沢さんを、(ちょ、ちょっとだけ・・・)とおっぱいを揉みます。カラダを近づけると、首筋の良い匂いに惹かれ、うなじを舐めてしまいます。

すると、「やめて・・・ ください・・・っ ぶちょお・・・っ」桜沢さんは不倫中の部長に犯されていると思い、部長の名前を声にします。梅田は、桜沢さんが、既婚の部長に不倫中だと考えます。翌日、みんなが帰ってからオフィスで桜沢さんに襲い掛かります。

「こんなっ 無理やりでありえないでしょっ・・・」それも一理あると梅田は認めつつ、「・・・部長は、 どう触ってくれるんですか?」と鎌を掛けます。「え・・・なんで知って」「バレバレですよ」そして、きのうと同じように首筋を舐めます。

「桜沢さんは首筋が弱いのもね!」「ひゃあ・・・」部長に片思いの不倫をしていること、いつも草食系の梅田が急に肉食系で迫ってくること、セックスの気持ちよさで、桜沢さんは頭が混乱し、梅田に抵抗することができません。

「好きでもない男に触られて、 ぐちょぐちょに濡らして、 部長じゃなくても 誰でもいいんじゃないですか?」桜沢さんを言葉責めする梅田。寝バックで責め、フェラを要求します。

フェラさせつつ、手マンで桜沢さんのマンコを撫で・・・「やっ だめっ・・・ やあぁ・・・」桜沢さんはお漏らししてしまいます。「そんな心配しなくても、 誰にも言いませんよ 一回だけでいいですからね・・・」最後は騎乗位で犯し、乳首をいじり続けイカせます。